生産性を高め個性を出すオフィスデザイン~ナイスな企業創り

女性

統合移転を可能に

オフィス

オフィスデザインをしっかり考えることで業務の効率を高めたり、社員の満足度を向上させることが出来るため、オフィスデザインに高い関心を持つ企業も多くなってきました。オフィスデザインをすると業務や社員に関する良いメリットがあるのは知っている方も多いでしょうが、実はそれ以外でもメリットが有ります。近年企業はリスク管理のために統合移転をすることが多くなってきています。統合移転をするとまずランニングコストを削減でき、企業経営を見直すことが出来ます。無駄な経費を削減し、別に回すことが出来るため各地にある分社を一本化する動きが活発です。統合移転をする時に問題になるのが物理的な制約で、新しくオフィスを構えるにしてもすでにあるオフィスに統合するにしても利用できるフロアが限られている以上、どのように配置していいか困るという状態になります。こういう時でも力を発揮するのがオフィスデザインです。オフィスデザインをすると無駄なスペースを削減し、フロア返却をすることが出来ます。返却できたフロアを使用することで物理的な制限を突破することができ、効率的なオフィス配置をすることが出来るようになります。またオフィスデザイン業者に依頼した結果どうしても物理的に難しいと分かれば新しいオフィスを構えるキッカケにすることも出来ます。
オフィスデザインは元々専門の業者が行なっていましたが、最近では不動産業者がオフィスデザインも行なうようになってきています。オフィスの賃貸前に予めヒアリングをし、どのような形で運営していくのか見定めた上でオフィスをデザインすることができ、賃貸契約とデザインを一緒にすることをウリにしている不動産業者もあります。不動産業者で依頼すると出来る工事と出来ない工事を見定めることが出来るのも魅力で、例えば壁に穴を開けていいのかダメなのか等を逐一チェックすることが可能です。そのためオフィスを離れる時の改修工事などのコストを掛ける必要もなくなります。