生産性を高め個性を出すオフィスデザイン~ナイスな企業創り

女性

意外と大事

オフィス

効率的な業務を求める企業は多いでしょう。効率的に業務が行えればそれなりの成果を出すことができ、無駄が無いためリソースを別で消費することも出来ます。効率的な業務をするためには個々の能力を高める方法もあれば、体制づくりを見直すなどの組織的な要因もあります。しかし必ずしもそれだけをすれば効率的な作業が実現できるかといえばそうでない場合もあり、業務がしやすい環境を作ることが大切という場合もあります。オフィスデザインに数千万円をかけてデザインするという企業もある程一方で、全くデザインを考えずに運営している企業もあります。オフィスデザインをしっかり考えるとまず働く社員の居心地を良くすることが出来ます。居心地が良いと生産性が上がり、能力を引き出すことが出来ます。良い循環になれば効率的な業務をすることも可能になり、企業においてオフィスデザインが持つ力は計り知れません。
オフィスデザインは専門のデザイン業者に依頼するのが一般的です。自社ビルであれば様々な工事を行い、基礎からオフィス内装をデザインすることが出来ます。しかし中には賃貸物件でオフィスを構えている場合もあります。こういう場合でも可能なデザインがあり、最近では原状回復を想定したデザイン工事プランが搭載されています。オフィスレイアウトに必要な工事には既に設置されているOA機器やOAアイテムの分解などがあったり、パーティションの設置、電気工事やネットワーク工事などが有ります。内訳としてはパーティション分け工事が1番高い費用がかかります。パーティション分けはただ単にエリア分けをすればいいわけではなく、必要な領域を確保しつつ、業務がしやすい配置にすることが求められ、人間工学的な知識も必要になります。また壁紙を変えたりタイルカーペットの色や柄を変えることで雰囲気や視覚からの情報による生産性を変えることも出来ます。